遺産相続

終活とは自分が死んだ時のために予め準備しておくことです。老齢になると、いつ死んでもおかしくない、生きているだけで一日もうけ、とよく言われるように、自分の死を意識するようになります。

多くの人が実践している比較的簡単な終活は、自分の葬儀用の写真をとることや、余計な物を買い足さないなどがありますが、本格的になると、自分の葬儀資金の積み立てをしたり、必要のなくなる遺品の整理をするなどがあります。これらは、処分する他にも買取をしてくれる業者もいます。
残される家族のためにも、ある程度の準備はしておきたいものです。

遺品買取はプロにお任せ
最近は、遺品の整理を代行業者に頼むことが増えました。パートナーを亡くされ、一人になってしまったご高齢の方や遠方に住むご遺族にとって、故人の遺品を整理するということが大きな負担となってしまうケースが多い為ですが、それに伴ってトラブルやクレームも増えてしまいました。

そこで、一般社団法人遺品整理士協会の認定したプロの資格を持つ方がいる、優良企業に依頼するということが始まっています。正しい手順に従って、遺品を形見の品と廃棄品に仕分け、市場価値のあるものは適正な価値基準に基づいて遺品買取も行ってもらえる場合があります。知識や取扱法を身につけたプロに任せることで安心することができます。

遺産

終活とは、人生の終わりのための活動で遺族に伝えておきたいことやお墓の準備などがあります。

最もよく行われることは、遺品整理で、相続を明確につたえるという目的があります。これをしなければ、遺族間で分配方法や処分方法などでトラブルの原因になります。財産の有無や不動産の明確化や借金の情報など遺族と情報共有しておくことが重要です。また、シンプルにするためにすべてお金に還元するため遺品買取で現金化する方法もあります。

「終活」についての歴史と今後
終活とは、人生の最後を迎える時に思い残すことがないように、自分がすべきことや家族にしてもらいたいことなどを総括することです。この言葉が一般に広く知られるようになったのは、2009年に週刊誌に掲載されたことがきっかけで、歴史としてはまだ浅いと言えます。

遺品整理については終活において最も大切な問題の一つです。遺族や知人に贈与する、又は寄付するという方法もありますが、それ以外に専門業者に遺品買取を依頼するという方法もあります。今後、高齢化がますます進み遺品の処分方法も多様化する可能性があります。

遺産・整理

遺品買取とは、遺品の整理や廃棄を遺族に代わって行い、その中から市場価値のあるものを中古品などとして売却し、利益を得ることです。少子高齢化、核家族化により、遺品整理の需要はますます高まっています。また、リユース・リサイクルをするという環境にやさしい循環型社会の観点からも、遺品の買取・査定という新しいビジネスが生まれました。

事業として代行するということは、法規制に順守した形で行い、適正な価値基準に基づく査定・買取を行う必要があります。知識や取扱手順を身につけた専門家には、行政が優先的に仕事を発注するというような働きかけも始まっています。

遺品買取の歴史と今後
故人の遺品を遺族で分けることを形見分けと呼び、以前はそのような形で遺品は整理されてきました。

しかし、少子高齢化と核家族化が進み、高齢者の孤独死が社会問題化してくると形見分けという旧来の方法では追いつかず、業者の需要が拡大してきました。2011年には業界の健全化を目指して、遺品の整理や遺品買取を行う専門科の認定資格として遺品整理士がスタートしています。遺品には遺族の感情もあり処分が難しく、ノウハウが必要ですが、ますます高齢化社会が進むことは確実であり、需要は拡大していくと推測されています。

オススメリンク

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー

-->